ニュースレター12月号
2/4

白糸熊野神社の寒みそぎ白糸熊野神社の寒みそぎ白糸熊野神社の寒みそぎ白糸熊野神社の寒みそぎ白糸熊野神社の寒みそぎ■ 極寒の川に浸かって 五穀豊穣を祈る祭事 白糸の滝の下流、糸島市白糸の熊野神社の側の川付川で行われる勇壮な神事。室町時代に山伏たちが災いを追い払うために始めた荒行が起源と伝えられています。 冷えきった空気の中、締め込み姿の男衆が集まり、神社境内の神事の後、桶に入った奉納米とたいまつ、提灯を先頭に、約200メートル離れた川付川へ走り、腰まで水につかって身を清め、「オイサッ、オイサッ」と大声をあげながら水をかけ合います。 その間、年男が米を研いで飯を炊き、高く細く積み上げて供え、その傾き具合で翌年の作況を占います。開催場所 糸島市白糸(熊野神社)問い合わせ 092-322-2098(糸島市観光協会)開催時期 毎年12月第3土曜日深夜から翌日未明アクセス 車/県道49号(二丈大野城線)の八反田交差点(道   路標示板あり)より福岡方面からは左折(唐津   方面からは右折)し、長野峠(羽金山中腹)に向   かって登る。「白糸の滝」へ向かう途中の糸島   市コミュニティバス白糸バス停そば。ふいご大祭・目隠し女相撲ふいご大祭・目隠し女相撲ふいご大祭・目隠し女相撲ふいご大祭・目隠し女相撲ふいご大祭・目隠し女相撲■ 楽しくて笑いが絶えない奉納行事 松末五郎稲荷神社のふいご祭りで奉納されるユニークな奉納相撲。相撲をとるのは女性だけで、七福神の顔を描いた頭巾をかぶり、土俵に膝をつき、手探りで相手を探して押し倒すという相撲です。 同体で取り直しがあったりなかなか相手が見つからず観客から右!、左!と指示が出たり、皆大笑いの対戦です。最後に飛び入りの対戦もあります。 この神社は昭和7年に松末に住む全盲の松崎豊太さんに突然稲荷神が憑依し、自らを祀るように告げたことがきっかけとなり建立されたそうです。開催場所 松末五郎稲荷神社(二丈松末)問い合わせ 092-322-2098(糸島市観光協会)開催時期 毎年12月(8日に近い日曜日)アクセス JR筑前深江駅より旧国道202号を前原方向に車      で5分程走ると左側山手の中腹に赤い社殿が見え      ます。国道沿いのたばこ店の横の赤鳥居が目印。白糸熊野神社の寒みそぎふいご大祭・目隠し女相撲

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です