ニュースレター2017年1月号
4/4

会長重冨敢二郎が、皆様に心温まる「ホット一息」つけるお話をお届け致します。■ 今月のニュースレターについて紙_ジャンダルコート A判 44.5k(色:白)HAPPY NEW YEAR!本年もどうぞよろしくお願いします(^O^)(岡山[編集長])新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。新年一発目ですが、今回もおススメの「のど飴」を紹介します。その名も「ライオン菓子 湘南ゴールドのど飴」。幻のオレンジと言われる湘南ゴールドの果汁を使用したのど飴で、しっかりとした柑橘系の甘さを感じられる商品です。店頭で見かけたら試してみてください。(福井[ライター])12月はお歳暮等の頂き物で少し高価な物を口にすることがありました。どれもおいしくて感動しました。ありがたいことです。(河津[ライター])今年最後のライブ参戦は12月11日のさいたまスーパーアリーナ。17000人収容のホールでまさかのアリーナ席11列目という奇跡!感動のあまりライブ中ほぼ泣いてましたw(伊東[ライター])編集日記 明けましておめでとうございます。 本年もご愛読よろしくお願い致します。12月11日(日)ダメもとで肥前町晴気港より世宝丸さんでイシダイ&アラカブ釣りに行きました。朝6時港に着くと5~6人の釣人。磯に行く人、イカダに行く人さまざまでした。薄暗い6時半に出船、皆さんを各釣場に降ろし、一番遠い私のポイントへ。ここは9月にイシガキが釣れた場所。ちょうど磯に着くと日の出がきれいだったので写真を撮りました。いつも釣りに行く時は暗い時に船を出すので、日の出は良く見ていますが、磯の上で水平線から出る日の出は最高です。 磯に着くと波、風があり少しやりづらい。早速、仕掛けを作り第一投。かすかにエサ取りのアタリのみ。おまけに風は右に潮は左に流れ、最悪。5投目位までエサ取りのアタリはあるが、それ以降アタリなし。イシダイ竿はそのまま置き竿にして、アラカブ釣りをすることにした。イカを付けて1投目やっぱりコツンコツンとすぐにアタッテ来ます。少しいいアタリの時にアワセるとアラカブが食って来た。しか~し、根掛かりが多い。近くの人の釣りを見ていると木っ葉クロが釣れていた。 午前中までにアカラブ3匹ゲット。昼食休憩。昼になり潮が良くなって来た。ゆるやかな流れで発行責任者 株式会社 重富印刷 〒819-1119 糸島市前原東3-1-8 TEL(092)322-0191 FAX(092)324-2661URL http://www.shigetomi.co.jp/ Vol_171 2017.1.1風と潮が同じ方向。望みをかけて2刀流。2本竿を出す事にした。仕掛けを上げエサを取り替えたりしたが本命のアタリなし。 3時半納竿。結局、釣れませんでした。ボウズ。アラカブ3匹のみ。釣りは釣れても釣れなくても勉強になります。この前9月に釣れたので10月中旬位までは釣れると思います。いま、鷹島周辺ではクロとチヌが釣れているそうです。 年末年始は釣り納めと初釣り予定です。 私は去年は年男でしたが、良いことが半分、悪いことが半分でした。良いことは息子に社業を大部分移せたことです。息子は今年、新規事業立ち上げに目の色を変えて取り組んでいます。悪かったことは妻の里に不幸があったことです。悪いことはサル、良いことトリの年にしていきたいと思っています。 トリといえば小学生のときバアさんから鶏の世話を頼まれ、毎朝ちかくの吉原橋の溝にセリを取りに行っていました。セリを細かく刻んで飼料と混ぜて鶏に食べさせるのが日課でした。楽しみといえば、トリ小屋の鶏の腹の下に手をそっと入れて卵をとるのが楽しみでした。 まだあたたかい感触がよみがえります。さる年からとり年へ!!vol_171梅ちゃんの今月のステージは...鷹島釣り情報や、記事に関するご意見・ご感想などお待ちしていま~す!重富印刷の〝釣り名人〞こと〝梅本魚吉〞による、魚釣り放浪記です。ニュースレター発足時より連載を続けている、ニュースレターの〝顔〞とも言うべき名物コラムです。さてさて、今月の釣果は・・・?磯からの日の出アラカブ謹賀新年の巻今月のお知らせ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です